Word Pressページビルダープラグイン「Page Builder by SiteOrigin」の使い方

僕はWord Pressでサイトを組み立てる場合、固定ページは「Page Builder by SiteOrigin」というビルダープラグインで組み立てます。いろいろな方法を試してきましたが、これが一番使いやすく高性能です。

https://srd.wordpress.org/plugins/siteorigin-panels/

まずはプラグインをインストールしてくださいね。管理画面から検索したら出てきます。

さて使い方を画像で解説していきます。まず投稿画面へ移動しましょう。「Page Builder by SiteOrigin」をインストールし有効化してあると、この「ページビルダー」タブが増えているはずです。これを押します。

「ウィジェットを追加」を押してみます。

すると、こんな画面が出てサイドバーやフッターのウィジェットの設定のときのように、いろいろなツールを入れ込むことができます。なんでも入りますが、ここでは「SiteOriginEditor」を選んで下さい。

こんな感じで、先程の枠組みに入り込みます。意味合いとしてはこの今入れた色の白い部分がコンテンツですよ、という意味です。続いてスパナのボタンを押してみて下さい。

ここで枠組みをいじってみます。この「Set row layout」の数字を変えてみると、カラムが増えたり減ったりします。2にしたら2カラム。

3にしたら3カラムになります。

右下の「挿入」ボタンを押すと、先程の画面に戻れます。戻るとこんな感じです。

先ほどと同じ手順で「SiteOriginEditor」を追加してみましょう。ドラッグで簡単に移動できますので任意の場所に移動できます。

もう一段、3カラムを追加したいとなれば「列を追加」を押します。

こうなりまして3カラムが二段になりました。

続いてコンテンツを作りましょう。今度は「SiteOriginEditor」の「編集」ボタンを押します。

ここに入るといつものWordPressの編集画面といった感じになります。もちろん画像も入ります。

こんな感じで簡単にサイトのカラムを組み立てることができます。当然レスポンシブ対応ですので、スマホ表示なら3カラムは下に回り込んでくれます。

一度表示を確認してみてくださいね。


コメントはお気軽にどうぞ