鈴鹿サーキットのコンセプトセンス良すぎ

先日鈴鹿サーキットに久しぶりに行ってきました。しかも兄家族と行ってきました。はい、15年位前に2chを騒がしていた漫画家の松井勝法さんとです。お互い子供を連れて、こんな日が来るもんだなと不思議な感じがしました。

春休みだったこともあって、結構混んでいました。乗り物もまぁ並びましたね。一番大っ嫌いな作業ですが、子供のために頑張りました。

で、なんか驚いちゃいまして、鈴鹿サーキット結構ナメていたんですけど、めちゃくちゃいいテーマパークですね。昔来たときは気が付かなかったのか、それとも最近コンセプトを固め始めたのかよく分からないのですが、

「0歳から遊べる」
「できた!がいっぱい」

とか、キャッチフレーズのセンスと狙いがすごく良くて、各アトラクションのメッセージ性も統一されていたりとか、ものすごくセンスを感じました。でFacebookで誰がこれ考えたのかぼそっと呟いたら、鈴鹿の方が教えてくれました。

山上敏樹さんという方がキーマンの一人だそうです。子どもアイデア楽工(こどもあいであがっこう)なるものをされているそうです。面白そう。

ともかく、すごく楽しかったです。たぶん、僕が子供の頃から園内の中身はそこまで変わってないと思うんですが、切り口だけでここまで商品って変わるんだなと勉強にもなりました。

鈴鹿サーキット超おすすめです。

鈴鹿のホテルリストはこちら


コメントはお気軽にどうぞ