【WordPress豆知識】固定ページごとにグローバルメニューを切り替える方法

プラグイン「Zen Menu Logic」マジで最高です。こんなプラグイン求めていました。
https://ja.wordpress.org/plugins/zen-menu-logic/

WordPressをはじめ、CMSはすごく便利なんです。でも一点だけどうしても向かないビジネスがあったんです。それは「支店系ビジネス」です。あ、勝手に作った言葉です。

「馬鹿か、支店系の方が管理が一元化できてWordPressが向いてるよ!」とちゃちゃを入れられそうですが、全くその通りで管理はWordPressの方がいいんです。でも勝負となると弱かったんです。(これまでは)

というのも例えば、なんでも屋を全国展開するとして、青森支店を作ったとします。

本部URL http://nandemoya.xyz/
青森店URL http://nandemoya.xyz/aomori/

WordPressで全店一元化するなら、こんな感じになりますね。 青森店ページもトップページっぽく作りたいですよね。だって競合店がいっぱいありますから。

「支店ページだからこんな感じでいいや」でやっていると、まぁまず負けるでしょう。青森の顧客は本部URLなんて見てくれないんですから。かと言って本部URLを青森で上位表示させることはできません。

できないというか、できますが、そうなると沖縄店はどうするの?新潟店はどうするの?ということになります。

で、まぁ青森店ページをトップページっぽく作ることはさほど難しいことではありません。でもメニューバーをクリックすると本部URLのページに飛んでしまいますよ。サイドバーも同じくです。

つまり青森店は青森の様々な情報を青森店ページのコンテンツ内でしか表示出来ないのです。極端な話、1ページだけで地元競合店に勝たなくては行けないのです。それはかなり難しいです。

実際、支店系ビジネスは地域系SEOで上位に来ていない企業が多いです。例えばこんな実例。

■「なんでも屋」で検索

女性スタッフの便利屋 | 株式会社クライアントパートナーズ
http://www.clientpartners.jp/

が一位表示。全国展開されていますね。さすがです。仙台店があるようですので仙台関連で検索をかけてみましょう。

■「なんでも屋 仙台」で検索

1位は「便利屋サンキュー仙台本店」、2位は「生活代行サービス 便利屋なんでも仙台」、3位は「仙台の便利屋「なんでも仙台」」、以下「仙台の便利屋 株式会社オーライ | ホームページ」、「便利屋仙台 暮らしの応援隊えくぼ|不用品,お困りごと」… 先程のクライアントパートナーズさんは全く見当たりません。

この状況を解消しようとすると、仙台は仙台で専用ページを作らないといけないのです。これが全国の店舗となるとWordPressは逆に面倒です。htmlとCSSでバンバンコピペして作っていったほうが100倍早いです。それが無理なので余計な広告費用が必要になるロジックです。

(でもこういうケースはクライアントパートナーズさんが資金力があって、サイト以外から集客するノウハウがあってうまく行っていたりするんですが。)

まぁでも、プラグイン「Zen Menu Logic」があればこの問題が解決しちゃうんです!「Zen Menu Logic」は何ができるプラグインかというと、グローバルメニュー(メインメニューですね)を、固定ページ毎に選べるプラグインなのです。しかも設定もとてもシンプル。

デフォルトのメニューで青森用のメニューを作って、固定ページで選ぶだけなんです。こんな感じ。

8b236630

これだけでグローバルメニューが固定ページ毎に切り替わるんです。なので青森の情報を見たくて来た閲覧者を本部の情報に飛ばすことはなくなります。青森内で完結できるんです。

最近いろんなビジネス、プロジェクトのサイト制作、WEB戦略事業を始めたので、知識が格段に広がりました。この 「Zen Menu Logic」だけでなく、支店系ビジネスのサイト構築の方法、アイデアいろいろ研究を進めています。

もしこんなお悩みを抱えている経営者さんいらっしゃいましたら、是非お声がけ下さいませ。成果報酬のノーリスクで承りますよ♪


コメントはお気軽にどうぞ