売上を上げることを考えるよりも、同じ一万円の価値を上げることを考えたほうが断然早く豊かになれますよ。

商売をやっていると誰しも「儲けたい」と考えるものです。しかし、そう簡単に儲かりませんね。商売はシンプルですが難しいものです。特に欲が深くなるとどんどん難しくなるものです。自分でビジネスを難しいものにしてしまう、という感じですかね。

じゃあ、より確実に儲ける為にはどうしたらいいのか。あくまでその答えの一つですが、僕は

「売上を無理に上げるより一万円の価値を上げることを考えたほうが良い」

と考えています。それがもっとも多数の人を幸せにすると思うからです。

人間は稼げば稼いだだけ生活レベルを上げてしまう生き物です。これは西村ひろゆきさんもよく言っているのですが、稼いでも生活レベルを上げずにいられる人はなかなかいません。実際僕もサイコーウェディングで売上が一気に伸びたとき、一晩で5万10万後輩におごったりしていました。今じゃ物理的に無理ですし、そんなことをしたいとも思いません。

この説が皆さんに当てはまるとしたら、生活レベルが「これ以上上げられねーよ」という水準まで稼がないといけません。ざっくりいうと年収5000万以上ですかね。1000万とかじゃ全然駄目です。

そこまで到達した人はOKです。そのままガンガン稼いでガンガン使っても全然OK。

しかし多くの人はそこまで辿り着けません。ということは多少稼ごうが稼がまいが、先程の説に当てはまっている限り豊かにはなれないということになります。じゃあ、手法を変えないと。

僕が実践したことは、同じ一万円でも今の一万円より明日の一万円の方が価値が高まるようにすることです。外貨投資とかそんな下らないことではありません。

より知恵を使って一万円で変える商品やサービスを増やすということです。そこに対して売上を上げることに使う知恵と同じレベルで知恵を注ぐのです。具体的な方法を挙げていきましょう。

安くて良質なものを買う力を付ける

まずはこれだと思います。あたり前のことなのですが、意外と出来ていない人が多いなと普段から感じます。

同じ商品なら最安を探して手に入れましょう。僕の最近のいい買い物はこれです。ブレイブボード(笑)

最近近所の子供達と遊びまくっているのですが、一人の子がブレイブボードやっていてめちゃくちゃ楽しそうだったので買っちゃいました(笑)小学生の女の子とブレイブボードデートしようと思います。これなんと¥1880!しかも送料込み!神過ぎる…

あとは高いものが良いものだと決めつけない、というのも大切です。何故か多くの人は「高い物が良いもの」と判断する傾向があるようです。これは本当に間違いです。実際買って使ってみて感じたものが真実です。

もし買ってみないと分からない商品であれば、高いものから買うよりも安いものから買って試したほうが合理的です。電化製品なんかは特にそうで、日本製品が高いのは人件費が高いのと、そこまで要らないような無駄な高機能が搭載されているからです。ハイアールなんかはシンプルな機能ですがしっかりとした商品を安価に提供していますよ。

「安物買いの銭失い」とか言い訳して高いもの買わされていては、いつまでたっても一万円を最大限に活用することは叶いません。

ビジネスと生活を結びつける

独立して事業をされている方ならこれはすごくやるべきことだと思います。「仕事とプライベートは別だ」なんて20世紀みたいなこと言っていてはいけません。これからは遊びや生活の一部を仕事につなげていく時代です。

これも僕が最近やったことは英会話教室です。
http://yokkaichi.ataata.link/eikaiwa

自分が英語を勉強したいので始めました。近くの英会話教室に行けば月謝を取られますが、自分でやれば収益を得ながら英語を学ぶことができます。5歳の子供にも英語を学ばせたいのでキッズクラスも先日スタートしましたよ。

こうやってビジネスと生活を結びつけることでお金を得ながら必要なサービスを手に入れることもできます。

ゼロコストビジネスを目指す

もう一つビジネス向けですが、売上を上げるのはどこかで壁にぶつかります。コスト削減もどこかで壁にぶつかります。売上の壁を壊そうセミナーは世にたくさん溢れていますが、コスト削減の壁をぶち破ろうセミナーってなかなかないんですよね。でもこれは本当に大切で、追求し続けるべきことです。

これも具体例として、最近うまく行ったなという事業がありまして、それはウェディングドレスなどの貸衣装事業です。
http://yokkaichi.ataata.link/wedding-dress

以前もサイコーウェディンググループでハナコトバという貸衣装事業をやっていました。それも相当コスト削減を頑張っていましたがせいぜいウェディングドレスレンタル2.3万が限界でした。

仕入先や数支店での在庫共有、プランニング事業とのセット販売などなど、新しいアイデアをふんだんに取り入れましたが、ある一点を超えられずゼロコストにはならなかったのです。その原因は「試着作業」でした。

衣装はどうしても試着して選んでいただくので、一人女性スタッフを常駐させて対応する必要があります。ここで最低毎月20万くらいかかってきます。しかし、ここだけはどうしても外せないだろうと思い込んでいました。

それがあるとってもシンプルで簡単なアイデアで一気にゼロコストビジネスに変えることに成功したのです。それが「セルフ試着システム」です。お客様に「当店はセルフでのご試着になります」と伝えるだけの改革です。

事前にお客様がそれを認知していれば、お連れの方を連れてきて頂いてお部屋を貸し出すだけです。これで20万円のコストダウン。リスクがなくなるので圧倒的に料金を下げることができました。ウェディングドレス¥5000~レンタルできます。

こんな簡単なアイデアが、慣例的な思い込みで生み出せないことは多々ありますね。

まとめ!売上を無理して上げるな!

そんなわけで他にも色々とありますが、売上上げることに苦心するのは本当に大変です。不幸せです。それは資本主義さんにコントロールされているマインドだとも言えます。自分で稼ごうと思っていても実は資本主義にそう思わされているんですよ。

だから今20万円の売上や給料があるなら、それを伸ばそうとするのも大切ですが、それと同等、いやそれ以上に20万円を有効に使う知恵を身につけたほうが「豊か」になれるはずです。今まで思い込みで18万円の生活コストを使っていたとして、それが15万、10万になったら、毎月海外旅行行けますよ。

売上!売上!と日々プレッシャーにさいなまれるより、毎月海外旅行に行ったほうが「豊かな生き方」と呼びませんか?


コメントはお気軽にどうぞ