松井流こうすれば起業に失敗しない方法!第5回「モチベーションとかどうでもいい」

ビジネス学を学ぶとすぐに「モチベーションを上げろ」とかその方法について語られますが、あれも大した意味はありません。

もちろんモチベーションがずっと上がりっぱなしならいいのですが、みんな人間ですからそうはいきません。何事もモチベーション論でチャレンジをすると下がったときにすごく弱くなります。

起業においては僕はモチベーション論は排除したほうがよいと考えます。その代わりに大切なことは「とことん好きなことを仕事にする」ということです。表面的に好きなことではなく、息をするように自然にやってしまうようなことです。

それを日々の仕事にすることができればモチベーションなど考える必要もありません。モチベーションを上げないとできないことって、結局やりたくないことなんですよね。やりたくないことを続けるのは不幸ですし、疲れます。

しかし「とことん好きなことを仕事にする」ためには問題点はあります。それはそう簡単に見つからないことです。これはいろんなことをしながら、その純度を上げていくしかありません。

僕の場合、高校卒業して自分が音楽が好きだと思ってずっと続けていたんですが、あるとき自分は女の子からモテたいだけで音楽が全然好きじゃないことに気が付いたんです。

すぐに音楽をやめて、飲食店やら司会業、デザイン業などいろいろとやりました。少しやってみてやりたくないことはきっぱり辞めました。もちろん事業的にうまく回らないものも辞めました。そしてどんどんこれだと思うものを躊躇せずにやってみます。

この作業を繰り返すことで自分の魂レベルでしっくりくる仕事、というかライフスタイルに近づくことができます。そう、起業はライフスタイルをどうするか?というところから考えないと失敗しやすいんですよ。改めていいますが、

モチベーションとかどーでもいいですからね~

「松井流こうすれば起業に失敗しない方法」シリーズはこちら
http://matsuiakinori.com/bg/category/blog/start-business


コメントはお気軽にどうぞ