捨てる勇気を持てる人は強い

22cb9cb7

このブログのサブタイトル的に「仕事を捨てる勇気を持とう」と表しているのですが、僕は仕事を捨てることってすごく人生において大切なことだと思っています。

もちろんひとつの仕事を一生続けるような職人タイプも素敵だと思いますが、逆説的に言えばそうなるために、どんどん仕事を捨てなくてはいけません。最初から一生熱中できるような仕事を見つけられるとは到底思えないからです。

終身雇用のような昭和文化で就職して一生その会社で勤めるような惰性的ものでは、決して幸せな人生は歩めませんよね。

そんな僕も未だ確信を持って「これが自分のやるべきことだ!」というような仕事には巡りあえていないような気がしますが、その時々により楽しそうな仕事を選んできましたので、着々とそれに近づいていると感じています。そしてその裏では、仕事をどんどん捨ててきたわけです。捨てないと新しい選択はできませんから。

世の中には会社を辞めて新しい人生を歩みたいと思っている人は多いです。僕もこういう人間ですから、たまに相談を受けたりします。でも、相談をする人に限って絶対辞めませんけどね(笑)

僕が思うにチャレンジする勇気の有無よりも、仕事を捨てる勇気の有無だと思っています。行動するチャレンジなんてさほど大したものではありません。一番勇気がいるものは捨てるということです。

仏教文化でしょうか。「もったいない」「何事にも感謝」という文化がこの点では悪い方向に向かっている気がします。仕事に限らずですが、物も人間関係も不要なものはどんどん捨てれる人は強いですよ。

ポイ捨てはダメですけど。


コメントはお気軽にどうぞ