支払いをしなくてもよいラーメン屋を創り上げた先駆者!新矢博文氏をご紹介!

先駆者というのはいつの時代も多くの方には理解されない思考を持っているものですね。今日はこのブログですごい方をご紹介したいと思います。

僕もまだまだこの方の思考、考え方を100%理解できないでいるのですが、とにかくすごい方なのです。その名は新矢博文氏。この方は四日市の23号線沿いにある「圓山ラーメン」というラーメン屋のオーナーです。

圓山ラーメンはGoogleで凄まじくアツいクチコミが集まっている有名店です。御覧ください。

そんな圓山ラーメンのオーナーである新矢博文氏はなんと「支払いをしなくてもよいラーメン屋」を創り上げたのです。

昨今様々なサービスや商品が無料化されています。僕もそのようなサービスを目指したいと考えていますが、なかなか難しいものです。飲食業界は原価コストが確実に存在するため、より無料化は難しいことです。しかしながら、新矢博文氏はそれをやり遂げてしまったのです。

とはいえ圓山ラーメンは食券機システムを採用しており、商品には値段があるようです。つまりは無銭飲食(食い逃げ)を許容しているということなのです。

食い逃げOKラーメン屋!!

こんなラーメン屋聞いたことがありません。すごいです。

ちなみになぜこのような無銭飲食許容システムを創り上げたのかを知ったかといえば、この新矢博文氏は弊社のカーリースサービスを利用して頂いていた過去があり、未だに支払いをせず逃げ続けているのです。新矢氏の凄さをお伝えしたいので、このブログではそんなことは全くどうでもいいのですが、自身で無銭飲食のようなことを続けているので、これは間違いなく自身のお店でも許容されているはずなのです。

いや~本当に斬新なラーメン屋「圓山ラーメン」なのですが、なんと!!!残念ながら先日潰れてしまったようなのです。先駆者過ぎて多くの人に受け入れられなかったのでしょうか。残念です。

そういえば今日の三重は雨が降ったり止んだり変な天気でしたね。あ、そうそう話は全く変わるんですが、万引きやら無銭飲食やら支払いをしない人って一定数いますよね。一体どういうマインドをしているのか興味があるところなのですが、今の日本の法律ですと、請求する側が圧倒的に弱いんですよね。これってすごく問題です。企業側で対策を取れと言われても限界がありますからね。

今度の選挙ではベーシックインカムと無銭飲食などの罰則を強化してくれる人に票を入れようかな。日本国が無銭飲食を許容している現状が続くなら、私刑制度を取り入れないといけません。死刑じゃないですよ、私刑です。

ニーズがあれば食い逃げや万引き犯を公開するポータルサイトでも立ち上げようかな。飲食業界や小売店の皆さん、もしご希望でしたらお声がけ下さい。皆さんの声が集まれば作りますよ~

良ければサイト立ち上げの寄付もお願いします♪こちらの画像をクリックして頂いて、Amazonで何かお買い物をどうぞ~

無銭飲食や万引きを続けている皆さん、お金がないなら借りてでも支払いましょーね。大サービスで消費者金融業者をいっぱいご紹介します♪














コメントはお気軽にどうぞ