これから売り出すミュージシャンはアコギよりマンドリンを持ったほうがいい理由。

僕も関わらせてもらっているマンドリンブランド「Hatta」ですが、受注がかなり詰まっており、少々納期が遅れている状況です。ありがたいことですが、ご迷惑をお掛けしており大変申し訳ございません。

代表兼ビルダーの八田淳史、毎日毎日頑張って制作に励んでおります。

そろそろ次作を視野に入れつつ。

Atsushi Hattaさん(@hattamandolin)が投稿した写真 –

メイプルバインディングも慣れてきた感ある。

Atsushi Hattaさん(@hattamandolin)が投稿した写真 –

あーでもないこーでもないと考えながら木取りするのは楽しい。 #ウクレレ #ハワイアンコア

Atsushi Hattaさん(@hattamandolin)が投稿した写真 –

胴曲げは1日1セット。 #ウクレレ #ハワイアンコア

Atsushi Hattaさん(@hattamandolin)が投稿した写真 –

接ぎ待ち4セット。あとマンドリンも4セット。 #ハワイアンコア #ウクレレ #ハンドメイド

Atsushi Hattaさん(@hattamandolin)が投稿した写真 –

上等の杢は、緊張と興奮と共に。 #curlykoa #hawaiiankoa #ukulele #handmade

Atsushi Hattaさん(@hattamandolin)が投稿した写真 –

道のりは長いのです。。。 #flatmandolin #sidebend #handmade #luthier #maple

Atsushi Hattaさん(@hattamandolin)が投稿した写真 –

Hattaはマンドリン以外にもギターもウクレレも作っています。ギタープレイヤーの方もウクレレプレイヤーの方も是非Hattaの楽器をご利用頂きたいのですが、もしこれから売り出す若いミュージシャンの方が読んでいたらぜひ聞いて下さい。

売れるためにミュージシャンやるなら絶対にマンドリンプレイヤーになるべきです。

これはビジネスの感覚としては当然のことで、ギターはメジャーな楽器になりすぎて過剰供給状態であるからです。もしギターを選んだとすると、その熾烈な競争に巻き込まれ、すごい速弾きができるとか何か秀でた能力が求められます。マンドリンなら「ただ弾けるだけ」で報酬が支払われるかもしれません。

ギターで一旗揚げるならこのくらいやらないと(笑)もうTAKUYAのギターは超ムチャクチャ(笑)でも超カッコイイです。

The Great EscapeにMotto入ってますよ♪

そして見た目のインパクトも強くなります。ギターを持つ姿はあまりにも「普通」で誰も違和感やひっかかりを覚えません。それがマンドリンに変わると周囲の目を集めることができます。

もっと言えば日本のマンドリンプレーヤーの先駆者になり、歴史に名を刻むことができるかもしれません。

どうですか?マンドリン弾きたくなりませんか?Hattaは契約アーティストも随時募集しておりますので、未来に夢見る若手ミュージシャンの皆さん、よければご連絡下さいね。


コメントはお気軽にどうぞ