より進化系のスマートライフを実現するためのネックは服

今や「シェアリングエコノミー」はスタンダードとなりつつあります。僕もノーモアキャピタリズムを宣言している以上、どんどん様々なものをシェアしてモノを持たず、生活コストを下げていくことが21世紀の進化系ライフスタイルだと考えています。

そこでどうしてもシェアしにくいアイテムがあります。それは服、衣料です。

ブランドバッグとかは通販レンタルが出てきましたが、衣料に関してはまだじゃないでしょうか。今後いろんなアイデアで普及していく可能性は高いですが、難しそうな気もするのでどうすればいいか真剣に考えてみました。

ファッションが趣味でそれを楽しみたい人には合いませんが「服はただただ着るものだ」という感覚の方(僕)は、第一にすべきことは服の数を少なく、つまりコーディネイトをとにかく少なくすることだと思います。スティーブ・ジョブズじゃないですけど、毎日同じ服を着ると。

そうすると、服を選ぶ時間も節約できますし、同じ服を着ていると他人から覚えてもらいやすいという利点も出てくるんじゃないかと、ふと思いました。芸人さんでもそういう効果狙ってる人いますよね。

で、ともかくやりたいのは、できる限り最低限の量を保ち、服を押入れやタンスに入れない。パンツと靴下を3着ほどとか。あとズボンや上着などを1着か2着で回す。すべてを大きめの紙袋一つで入るレベルにします。きっとできます。だって旅行ってそんな感じなんですから。服に家のスペースを奪われるのは、ホントくだらないなと思うのです。

というわけで、こんな感じで断捨離!断捨離!

cam00209

cam00211

cam00210

結果、カラーボックスの一枠分に、パンツと靴下、肌着などをまとめて、普段着る服は数着ハンガーに掛けるレベルにまでなりました。これを維持していこうと思います。

毎日同じ服じゃダメだっていうのも、いつの間に資本主義に刷り込まれたんですよね。いいんですよ、毎日同じ服で。うん。ちゃんと洗濯して臭わなければ!


コメントはお気軽にどうぞ