たとえ喫煙可能な場所でも喫煙は控えるべきですよ

前回「僕が居酒屋に行かない理由。タバコの煙の味のするご飯なんて食べたいわけないでしょ。」の続きです。今回は喫煙されている方へご指摘と文句を含めた個人的見解をお伝えしたいと思います。

まず大前提としてタバコを吸うかどうかは全くの自由だと思います。そこまで徹底して、吸うな!なんていうのは嫌煙者の横暴です。ただし、周囲の方に迷惑をかけなければ、です。はい。

根の深い問題としては、喫煙者は周囲に迷惑を欠けている意識が低いということです。例えば喫煙可能な場所で喫煙をするのは当然の権利で、何も悪いことなどないと思っている喫煙者が多いようです。

なわけないです。嫌煙者からしたら大迷惑です。例えば、近くにいる人に臭いオナラをされたら怒りますよね?それと全く同じです。むしろタバコのほうが時間的な長さと、その臭いが衣服に染み付く粘着性の面で圧倒的にたちが悪いです。

あとすごく気になっているのは飲食店での喫煙です。たとえ喫煙可能なお店であっても、僕は喫煙をすべきでないと思っています。嫌煙者、妊婦、子供など立入禁止のお店なら問題ないのですが、嫌煙者もいる空間で料理の味を圧倒的に不味くさせる煙を発生させるのは、どう考えても迷惑行為です。

まして妊婦や子供がいる可能性のあるお店で、許されているからと言っても、喫煙は間違いなく悪です。自分の子供と食事をしていて、横でタバコ吸われたら殺意を覚えます。

これから徐々に飲食店での100%禁煙は世界的にスタンダードになると思いますが、とにかく喫煙者はどんな権利があろうがなかろうが、誰にも迷惑かけない状況で吸わないとダメですって。

街に落ちてるゴミの多くがタバコですしね。ほんと諸悪の根源ですわ。


コメントはお気軽にどうぞ