那須川天心選手をまだ知らない人へ。ヒョードルみたいな神レベルを超える逸材なのだ。

18歳の高校生、那須川天心

那須川天心、本名だそうです。姓も名も格闘技でトップになるために生まれてきたような子です。え?那須川天心をまだ知らない?僕の中では2年前から大大大注目の格闘技選手なんですが。

というわけで格闘技界ではもうスーパースターの那須川天心選手ですが、世間ではまだまだ知らない人が多いということで、今日は那須川天心選手について書きたいと思います。

先程「子」と表現しましたが、実は最近は「子」というイメージから脱皮してきまして、もう完全に大人の行動、発言をするようになり子供というイメージはすっかり影を潜めはじめた、現在18歳です。


GONG(ゴング)格闘技 2017年4月号 [雑誌] ゴング格闘技

何がスゴいか言えない、全部スゴいから

那須川天心選手がどんなにすごいかって説明したいのですが、これが難しいのです。那須川選手の本業はキックボクシングです。そのパンチもキックも、そのパワーもスピードもすごい…

かと思えば最近では総合格闘技に参戦して寝技で決めちゃったり… こんな選手今までいたかいな。

選手としてだけでなくカリスマ性も

那須川天心選手は現在若干18歳ながら「格闘技界を引っ張る」そんな気概を感じます。年末二連戦の直訴や、そこからも月一試合やってない?っていうくらいの試合ペース。彼自身も「俺がやらないで誰がやる」と言っています。

K-1の武尊選手もカリスマ性があり、金的を受けても痛みを堪えて試合をすぐ再開させたり「魅せる」選手です。僕も個人的に大好きです。でも那須川選手に比べると、ややエンターテインメントの色合いが強く見えてしまいます。

いや、武尊選手も強いのですが、那須川選手と比較すると那須川選手のほうが本物過ぎて、武尊選手の輝きが最近弱くなってきています。

あとは契約の問題もあるでしょうが、武尊選手は立ち技だけで、那須川選手は総合もやり始めましたし(しかも三連勝!)今後ボクシングにも挑戦するなんて話もあります。格闘技界全体を巻き込んで盛り上げようとしているんですね。いや~とんでもない…

数百年語り継がれる伝説となるであろう神レベルの選手と同じ時代を生きていることに感謝

僕も格闘技ウォッチャーとして10年以上、格闘技を追いかけてきていますが、ヒクソンに始まり、桜庭和志、バンダレイ・シウバ、ヒョードル、立ち技ではピーター・アーツとかいろいろレジェンドが生まれましたが、那須川選手の力量、ポテンシャルはもうすでにそれを超えていると思われます。あとは証明して世間の目を向けるのみです。

格闘技界のみならず、野球のベイブルース、バスケのマイケル・ジョーダン、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド、そんなレベルも超えていきそう、そんな逸材なのです。なぜ世間はまだ気が付かないのだ。

そして那須川天心選手と同じ時代を生きていることに感謝しようじゃないですか。

那須川天心選手のすごさは目で見るのが一番早いということでこちらをどうぞ。

次戦はRIZINで才賀紀左衛門選手と!


那須川天心 VS. 才賀紀左衛門は「RIZIN MIX特別ルール」に決定!(RIZIN official site)

Twitterもフォローしよう!
https://twitter.com/TeppenTenshin


コメントはお気軽にどうぞ