期待禁物。税理士さんに経営相談なんて無理ですよ。

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

決して士業の方を馬鹿にするわけではないのですが「畑が違いすぎるよね」というお話です。

最近はfreeeとか全自動会計サービスが出てきていますし、税理士さんの基本的な存在価値というのは年々下がってきています。飽和状態ですしね。なので税理士の方々もいろんな付加価値をつけようとしています。そのメインとなるものものが「経営相談」です。

経営相談ってなんぞや?と思うわけですが、僕も昔はここにあらぬ期待を抱いていた時期があります。

「この人に相談すればすごいアイデアを出してくれるんじゃないか」

みたいなことです。ハッキリ言います。これ絶対に無理です。せいぜい経営の悩みの話し相手くらいに思ったほうがいいです。愚痴を誰かに聞いて欲しい方には最適…

なんで絶対無理かと言いますと、税理士さんをはじめとした士業の方って、基本的にクリエイティブな仕事じゃないんですよ。中にはいると思いますが、基本的には非クリエイティブです。だってクリエイティブな方なら、違う仕事するでしょ?

そんなクリエイティブでない士業の方が超クリエイティブさを求められる経営相談なんて到底出来るわけないんです。「経営相談」という言葉をやめて「経営の愚痴聞き役」くらいにした方がいいと思っています。そのくらい無力です。生き残りたいのであれば、そんな荒唐無稽な付加価値でなく、もっと地に足の付いた付加価値を付けてほしいのです。

なので結論から言いますと、税理士さんはできる限り安さだけを求めていいということです。目標は年間8万円。8万円でやって頂ける税理士さんいらっしゃいましたら是非ご連絡下さい。必ず乗り換えます。

そして経営相談はぜひ僕にしてみて下さい。僕は「あなたの会社を劇的に成長させます」なんて夢みたいな話はしません。ただ、インターネットの活用の可能性と業界に浸かっていては失ってしまう視点から意見することは出来ます。

お問合わせはこちらからどーぞ。
http://matsuiakinori.com/contact


コメントはお気軽にどうぞ