もう売上とか成長とか、どーでもよくないですか?僕はノーモアキャピタリズムカンパニーを作りたい。

次の大きな目標ができました。それは「ノーモアキャピタリズムカンパニー」を作るということです。

No More Capitalismっす(笑)

サイコーウェディングのトップを降りてからこの10ヶ月ほど、ホントに真面目に働いてきませんでした。はい、遊んでました。お金ないんですけど、まぁ普通にしていても最低限やっていけるお金は得れたので。10年もビジネスやってるとなんだかんだお金入ってくるんですよ。最低限ですけど。

で、10ヶ月特に難しいことは考えず過ごしていたのですが、もうガッツリ資本主義の荒波を泳いで行く気は湧いてこないんですよね。僕にはサイコーウェディングで充分だったようです。

だってもう「売上!」とか「成長!」とか言い続けてる人ってダサくないですか?そういう人の言葉を聞いていると疲れません?お金なんてまだ完璧にどうでもよくないですけど、どーでもいいんですよ。どうでもよくなりすぎて、サイコーウェディングやめてから三回も財布落としました(笑)

これから自動運転や人工知能など、あと10年20年で世界は一気に変貌すると思われます。基本的には仕事はロボットに奪われて行くでしょう。いや「奪われる」とか言ってると、なんかしょうもない労働組合の人みたいな言葉なんで「ロボットが代わりにやってくれる」時代ですね。

ロボットが代わりにやってくれるということは、生産性自体は変わらないというか、向上します。つまり生み出す富は変わらないので、その富の再分配の問題はありますが、基本的には人間の労働力を減らして、同じかそれ以上の富を得られることになります。

そして人間は時間がより余るので、娯楽にお金を使う割合が確実に増えます。なので経済はより活発になるんじゃないでしょうか?人間が働かずして。

そんな未来と今の自分の思考とか考えていたら、資本主義のレールに乗らない会社、社会を作りたいなって思い始めてきたんですね。具体的にどうするかというと、まだ最終のゴールは見えていないのですが、まずは人生のコストをイノベーションとイマジネーションで徹底的に下げていくことが必要になると思います。

例えば大学なんて今やほとんどの人にとって無意味なので、それを人生設計から外すことだけで、そのコスト分働かなくて済むわけです。

あとは今僕が取り組んでいるATAATA HOUSEも家賃というコストを徹底的に下げる提案をすることで、その分資本主義という沼にハマらなくて済むのです。

はい、というわけで ノーモアキャピタリズム!

また新しい考えが浮かんだら書きます。


コメントはお気軽にどうぞ