競合他社と戦わず、自社サイトで紹介して利益を得る

さぁ、今日も超有益な技術系裏話ネタ書きます。この記事が有益だな~と思ったら僕のAmazonアフィリエイトリンクから買い物して下さいね~

https://amzn.to/2Jp8tey

スルーしないで。

https://amzn.to/2Jp8tey

ポチって下さい。

https://amzn.to/2Jp8tey

暑~い夏が近づいてきましたよ、窓用エアコン必要ありませんか?

さて、気を取り直してあらゆるビジネスに競合という厄介な存在はつきものです。

「あっちの会社はうちよりかなり利益を出しているようだ」
「あっちの会社が値下げした… うちも値下げしないとダメかな…」
「うちの成約率が悪いのは競合がすごいサービスをしているからでは??」

そんなことに一喜一憂している経営者も多いと思います。僕も以前は同じように競合の動きを気にしていることもありました。これって疲れるんですよね。

でも大きな視点で考えると、資本主義社会を成長させる上で競合というのは非常に重要で、こうして経営者が他社と競り合って商品やサービスの質を高め、価格を安くし、その社会の恩恵は自分も受けているので競合ってあるべきなんですよね。

競合ってものがないと、あの旨くて安い牛丼は我々は食べれていないはずです。まずそういう視点があると幸せになれますよ、という点。

とはいえ自分のところの商品やサービスの命は守りたいと思うのが人間です。そこでなんですが、商品やサービスの質の向上はモノによって違うので、普通にコツコツやっていくしかありません。安心して下さい。普通にコツコツやればそう簡単に死にません。

すぐ死んじゃう人は普通にコツコツやらずに一発当ててやろう的なおバカ経営者です。間違いなく。

で、普通にコツコツやっていきつつ、その上で最近新しいビジネス技術を手に入れたんです。それが名付けて…

競合他社を紹介して利益を得る作戦!

です。競合と戦ってお互い消耗して行くのも社会の利益にはなりますが、競い合っている会社自身は大変です。そこでもう戦うのやめましょう。視点を180度変えて、その競合他社を思いっきり応援しちゃいましょう。

例えばエアコンメーカーで有名なダイキンのサイトでコロナのエアコンを紹介するみたいな感じです。そんなバカなことを、と言わずに一度やってみて下さい。これ結構いいんですよ。

うちの会社が実際にやっている一例をこっそり教えちゃいましょう。このページです。
https://resort-wedding.nonroof.com/archives/2302

リゾートウェディング事業のサイトで思いっきり「小さな結婚式」さんを紹介しています。この記事から小さな結婚式さんへ飛んで、なにかしらコンバージョンすると報酬を頂けるというアフィリエイトです。

アフィリエイトの中でも婚礼系は結構な報酬を頂けますので、もはやリゾートウェディング事業を実際に動かさず、紹介だけしていたいくらいの報酬を頂けます。

こっちは不労所得を頂けるし、あっちは成約が増える。win-winじゃないですか。キャッシュポイントの視点を広げれば競合と戦う必要なんてないんですよね。

そんなこんなでAmazonでお買い物でもどーぞ♪
https://amzn.to/2Jp8tey

ここまで無料で読んだんですから~
https://amzn.to/2Jp8tey


コメントはお気軽にどうぞ