値段を安く、いや無料を目指すビジネスは世界を救う。

a8aef93a

「安さとは幸福なんです。」

という記事を以前書きましたが、商品やサービスを安くしようと努力する経営者って身近にはなかなか出会わないんですよね。僕の住む街は三重県四日市市なのですが、四日市の経営者は特に少ないです。

みんなどうやって売値を上げるか、という知識を欲していますし、そういうセミナーが多いです。

僕はどうやって売値を下げるかを考え続けています。サイコーウェディング時代もいろんな改革を行ってきました。その中でもレンタル衣装事業が一番穴が多いビジネスでした。

ウェディングドレスって借りると20~30万くらいしますよね。で、それがなんか当たり前になっちゃってほとんどの人が受け入れちゃっていました。

それを疑問に思って、じゃあサイコーウェディングで実際やってみようと思い始めたのが「ハナコトバ」です。サイト見てもらうと分かると思いますが、平均3~5万くらいが主流商品です。そう、通常の貸衣装の10分の1の価格帯でやっています。

その秘訣はとっても簡単でした。

貸衣装事業など片手間でやれる

ということです。こう言ってしまうと適当なサービスみたいに思われるかもしれませんが、そのくらい簡単なビジネスだということです。サイコーウェディングスタッフは貸衣装の事業も一生懸命やっていますよ(笑)

分かりやすく言うと、レンタルビデオ屋さんにいくと、レジ横にお菓子売っていたりしますよね?そういうことです。プロデュース業者にとってはお菓子を売るように貸し衣装ができるんです。だから貸衣装事業で必要な利益を100%稼がなくていいのです。抱き合わせで利益を上げるオプションなのです。

こんな感じで僕はあらゆるサービスや商品の値段を下げたいと思っています。今インターネットが完全に浸透してきて、個人が仕入れられる情報量が何倍にも増えて職人が不要になってきています。そして多くのサービスが無料化しています。

これってすごくいいコトだと思うんですよね。商品やサービスにお金がかからなくなれば、相対的にお金の価値が薄まり、貧困がなくなると思うんです。貧困がなくなるというか、貧困という発想がなくなる世界が作れます。

だから僕は値段を下げたいんです。お金で苦しむ世界はもう終わりにしよう。


コメントはお気軽にどうぞ