「稼ぐ」って結局「自分だけ儲かれば」ということですよね?

7a2771e5

ノーモアキャピタリズムとは言っていますが、正直お金のことは考えています。必要です。欲しいです。あんまり働いていないので、僕の会社少々ヤバイです(笑)

で、当然新事業とかも考えたりするわけですが、今になって分かったことがあります。新事業を考えるロジックってどうしても「自分だけ儲かれば」という着眼点から考えてしまうんですよね。「自分だけ儲かれば」というと少々えげつない言い方ですが、「いかに自分が勝つか」を99%の経営者は考えていますよね。

これはごくごく普通のことで、僕もそうでした。でもこれが行き過ぎた資本主義のスタート地点なんでしょうね。 それでは結果的に物が売れて、多くの人の幸せや豊かさに貢献できるかもしれませんが… 真に全員が豊かに幸福になっていくわけではないんですよね。

「稼ぐ」って結局「自分だけ儲かれば」っていうことなんですよね。少なくとも現状では。

これが分かった途端、さらに以前より必死に稼ごうって言う気はなくなりますね。かっこ悪いじゃないですか、その姿勢が。

ただし全てをやめてしまうと、社会はダメになってしまいます。適度な競争はあるべきです。答えは難しいですが、ひとつの着眼点としては利益をお金にしないというところでしょうね。まぁ模索し続けるしかないですね。

ノーモアキャピタリズム視点で新しいビジネスを考えるのは至難の業です…。


コメントはお気軽にどうぞ